1周年を迎えました。

スクリーンショット (13)

いつもお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。
MINORI GELATOは3月20日をもちまして、1周年を迎えました。
これもひとえに皆様のおかげでございます。
そこで、1周年を記念して、日頃の感謝をこめささやかながら、記念品をご用意させていただきました。皆さまお誘いあわせの上ご来店を心よりお待ちしております。

「MINORI GELATOオリジナル保冷バック」
お持ち帰り用蓋つきジェラート¥1000以上お買い上げのお客様に限りプレゼント!
先着100名様限定!

スクリーンショット (13)

保冷バック

新フレーバーのご紹介です『よもぎ&すだち(小豆島産)』

yomogi01

 新フレーバーのご紹介です『よもぎ&すだち(小豆島産)』

古くから身近な薬草として知られ、和菓子や郷土料理などにも使われる『よもぎ』。その独特の風味に、どこか日本人としての懐かしさを感じてしまう「和ハーブ」として親しまれていますが、さらに爽やかな味わいの『すだち』果汁を合わせて、さっぱりとしたソルベが完成しました。それぞれの独特な個性が融合して、新しいカクテルのような仕上がりです。ぜひお楽しみください!

yomogi01

yomogi02

3月8日の「ミモザの日」に、素敵なスワッグが届きました!

swag01

3月8日の「ミモザの日」に、素敵なスワッグが届きました!
作ってくださったのは、小豆島のフラワーショップ『pensée(パンセ)』さん(http://www.penseess.com/)です(以前にお願いしたクリスマス・リースもとても素敵でした!)
今年は季節ごとのスワッグをいろいろ飾りたいと思い、年間おまかせオーダーをさせていただきました。季節の移ろいに合わせて、今後もエントランスが華やかに彩られていきます。ご来店の際にぜひご覧いただければ幸いです!

 

swag01

swag02

 

新フレーバーのご紹介です『レモン クリーム&クルミ』

lemokuru01

新フレーバーのご紹介です『レモン クリーム&クルミ』

小豆島産のレモンを使ったフレーバーが新登場しました!
新鮮なレモンの生絞り果汁に、牛乳&生クリームのベースを合わせ、さらに卵黄などを加えて仕上げました(レモンカードのようなイメージです)。仕上げに、ローストして細かく砕いたクルミと、すりおろしたレモンの皮も混ぜ込んで提供します。なめらかなでクリーミーなジェラートに、目が覚めるような酸っぱさの爽やかなレモンの味わいを、しっかりと楽しめるようなバランスを意識しました。ぜひお楽しみください!

 

lemokuru01

 

lemon01

kurumi01  

3月20日 1周年を迎えます。

スクリーンショット (13)

いつもお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。
MINORI GELATOは3月20日をもちまして、1周年を迎えます。
これもひとえに皆様のおかげでございます。
そこで、1周年を記念して、日頃の感謝をこめささやかながら、記念品をご用意させていただきました。皆さまお誘いあわせの上ご来店を心よりお待ちしております。

「MINORI GELATOオリジナル保冷バック」
お持ち帰り用蓋つきジェラート¥1000以上お買い上げのお客様に限りプレゼント!
先着100名様限定!

スクリーンショット (13)

保冷バック

【お持ち帰りが可能な蓋付きジェラート・カップ】 新メニューのご紹介『苺チョコ・バルサミコ ソース』

ichigo04

【お持ち帰りが可能な蓋付きジェラート・カップ】 新メニューのご紹介『苺チョコ・バルサミコ ソース』

イタリア料理の調味料として欠かせない「バルサミコ酢(モデナ産・オーガニック)」を使ったジェラートが新登場しました!

続きを読む

【お持ち帰りが可能な蓋付きジェラート・カップ】 新メニューのご紹介『ローカカオ&カフェモカ』

cacao01

【お持ち帰りが可能な蓋付きジェラート・カップ】 新メニューのご紹介『ローカカオ&カフェモカ』

チョコレートの材料として広く知られている「カカオ」は、マヤ文明の時代から「神々の食べ物」として珍重されてきた栄養価の高い食物ですが、メキシコのジャングルの奥地で マヤの先住民が栽培するカカオを、初めて日本に単独で輸入し販売しようと小豆島で活動されている方から、オーガニックの「生カカオ(メキシコ産クリオロ種)」を今回特別に分けていただきました!(画像1枚目。手前が生カカオ。奥がバナナの皮に包み発酵させたカカオ)

続きを読む

新フレーバーのご紹介です『かんきつミックス(小豆島産)』

kankitsu01

新フレーバーのご紹介です『かんきつミックス(小豆島産)』

本当に柑橘が豊富だなぁ。と、しみじみ思う小豆島の冬の景色。たくさんの実をつけた木を、島のあちこちで目にします。東京で働いていた頃は、例えば国産のレモンを安定的に入手するのが簡単ではなかったし、見つければ「高価だけど仕方ないか」と思いながら購入するのが常でした。でも今では、すぐ身近にレモンの木があって、もぎたての果実を簡単に入手することができる環境に恵まれ、その鮮度や味わいに感動を覚えます。

続きを読む